育毛剤を頭にトントンしてなぜ毛が生えるのか?

髪の毛のどこに育毛剤がしみ込めば毛が生える?

育毛剤は頭からふりかけただけでは、さほど効果は見込めません。育毛剤は髪の毛ではなく、頭皮につけて、毛根まで届かせることが大切です。

頭皮の中にある毛根の先端の毛球では、毛乳頭は毛細血管から受け取って栄養を毛母細胞に受け渡して、発毛の指示を出しています。
育毛剤は頭皮の内部の毛根まで浸透することで、効果が発揮されるのです。

頭皮にトントンした育毛剤は毛根まできちんと染み込んでいるのか?

では、どうしたら育毛剤を毛根まで浸透させることができるのでしょうか。
毛根を活性化させるために、ブラシで頭をトントン叩くことが話題となったことがありました。
育毛剤を浸透させて、毛根の活性化を図るために、ブラシで頭皮を刺激することは効果があるのでしょうか。
実は、頭皮を叩くことは毛根を活性化させるのには逆効果で、むしろ絶対にやってはいけない方法です。
育毛剤を毛根まで浸透させる効果もありません。頭を叩くと、頭皮を傷つける恐れがあるだけではなく、皮下組織がダメージを受けることで毛根を圧迫し、
抜け毛の要因となってしまいます。頭皮を叩くことによって、薄毛をさらに進行させてしまう可能性があるのです。
頭皮の血行を促進して、毛細血管から毛乳頭へ栄養が届きやすくするためには、頭皮を叩いて刺激を与えるのではなく、指の腹を使って、
マッサージをするのが効果的です。

3. 育毛剤が毛根まで届かない理由は頭皮の汚れ

育毛剤が毛根まで浸透しないのは、別の理由によるところも多いです。
育毛剤が毛根まで届かない理由として、頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まっていることがあげられます。
毛穴が皮脂で覆われた状態では、育毛剤は毛根まで浸透していくことができません。
育毛剤の効果を高めるためには、頭皮環境を整えることが大切です。
頭皮の毛穴をきれいにしておくことで、育毛剤が毛根まで浸透しやすくなります。毛穴の汚れを取り除くためには、
正しいシャンプー方法を身につけておくことが大切です。
アミノ酸系のシャンプーは、頭皮への刺激が少なく、余分な皮脂を洗い流すことができます。

シャンプーの際は、熱すぎるお湯は頭皮の乾燥を招くため、まずは38度くらいのお湯で髪を素洗いします。
つぎに、シャンプーは直接頭皮にはつけずに、適量で手に取って泡立てから髪につけて、指の腹を使って洗うのがポイントです。
シャンプーが頭皮に残らないように、しっかりとすすぎます。
コンディショナーを使う場合には、なるべく頭皮につかないようにし、頭皮に残らないように流しましょう。

育毛剤が毛根にとどくためにしないといけないこと

数多くの育毛剤が世に出回っていますが、どんなに育毛効果に優れた成分が配合されていたとしても、毛根まで届かなければ、薄毛の改善は期待できません。
育毛剤を浸透させるために、頭皮を叩くのは効果がなく、シャンプー方法の改善だけでは浸透には限界があります。
育毛剤は「毛根に育毛成分を届けること」に特化した商品を選ぶべきです。
では、どんな育毛剤が毛根まで育毛成分を浸透させやすいのでしょうか。育毛剤の中には「低分子」をウリとしている商品があります。
高分子の成分よりも低分子の方が、粒子が細かいため、体内に浸透しやすくなります。
「ナノサイズ」など、育毛成分が低分子となっている育毛剤は、毛根まで育毛成分を届けやすいです。

毛穴の奥まで育毛剤を浸透させて毛根に届かせるためには、低分子の育毛剤など、毛根に育毛成分を届ける商品を選びましょう。

育毛剤を頭にトントンしてなぜ毛が生えるのか? はコメントを受け付けていません。

Posted in Uncategorized