油物をできるだけたべないことがハゲ解消につながる

油物の摂り過ぎは頭皮環境を悪化

油物の摂り過ぎもハゲに影響していることを知っていますか?
ハゲを招く要因として、食生活も大きく関わっており、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。薄毛の解消では特に気をつけたいのは、脂質の過剰摂取です。

から揚げや焼き肉、ラーメンといった脂っこい食事には多くの脂質が含まれています。
脂質を過剰に摂ると、皮脂の分泌量が多くなり、頭皮がギトギトとした状態になりやすいです。
頭皮の毛穴が皮脂によって塞がれてしまい、汗などが毛穴に溜まったままになると、不衛生な状態となり、頭皮の炎症を招いて、毛根にもダメージを及ぼす恐れがあります。
すると、抜け毛が起きやすく、毛髪の成長も阻害されてしまいます。

脂っこい肉類は血行にも影響

特に油物の中でも気を付けたいのは、肉類の過剰摂取です。
脂の多い肉類の食べ過ぎは、頭皮の環境に影響するだけではなく、血液をドロドロにして、血液の流れを滞らせる要因にもなります。
血行が悪くなると、毛細血管から栄養が毛乳頭を通じて毛母細胞に届かなくなり、発毛が阻害されます。
また、頭皮や薄毛に関わるだけではなく、全身の健康にも悪影響を及ぼしますので注意が必要です。

一方、イワシやアジ、サンマなどの青魚には、血液をサラサラにするDHAやオメガ3脂肪酸が多く含まれ、積極的に摂取したい食品です。
油は植物油の中でも、亜麻仁油やシソ油、エゴマ油などを使うと、オメガ3脂肪酸が多く含まれ、血液をサラサラにする効果が期待できます。

ただし、肉類や魚類などに含まれるタンパク質は、髪の成分となるものですので、良質なタンパク質は積極的に摂取することが望ましいです。
脂質の多い肉類や魚類は避けるようにしましょう。

ハゲへの対策のために油物は避けるといっても、脂質の少ない赤身肉は問題なく、さらに青魚はむしろ血行の流れをよくする効果があります。
自炊をする人であれば、調理に使う油に気を使うことが大切です。サラダ油ではなく、血液をサラサラにする効果のあるオリーブオイルなどを使うようにしましょう。
また、自分で脂分をコントロールすることができず、相対的に使用量の多いコンビニの食事やファミレスなどの外食での摂り過ぎにも気をつけるようにしましょう。
目に見える効果も少なく、改善には長い時間が必要ですが、脂分を節制することで、髪の抜け毛が減ってくるなど、なんらかの改善は行われていくことでしょう。