キャップをかぶっている人はハゲやすいのか?

ハゲやすいキャップのかぶり方

キャップは選び方や使い方、お手入れの状態などによっては、ハゲてしまう原因になります。キャップが薄毛に悪影響を及ぼすケースは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、キャップの内部が蒸れてしまうことで、頭皮環境が悪化して不衛生な状態となり、雑菌の繁殖を招くケースです。
雑菌が繁殖することで、皮脂が過剰に分泌され、頭皮が炎症を起こして、毛根にもダメージが及びます。

2つ目は、頭が締め受けられるきついキャップをかぶっているケースです。
キャップによって頭が締めつけられることで、血行不良を招くと、毛細血管から栄養が毛母細胞に必要な栄養が十分送られないことで、発毛が阻害されるのです。

キャップのかぶり方によってはハゲを防げる!

しかし、キャップも頭皮の蒸れに注意して、季節に応じて適した選び方や使い方をすることで、薄毛の予防に役立ちます。

紫外線が強い夏の間は、キャップの蒸れや衛生状態に配慮すれば、むしろ、キャップをかぶっていた方が、薄毛対策になります。
頭皮は紫外線によってダメージを受けると、毛母細胞の働きが低下し、抜け毛が増えて薄毛の原因となります。
頭頂部は紫外線を浴びやすい箇所ですので、頭皮を紫外線から守るために、キャップの着用は効果的です。

夏場のキャップは蒸れないように通気性のよいものとし、紫外線カット効果があると理想的です。
帽子をかぶりっぱなしでは、雑菌の繁殖を招きやすいですので、室内などで時折キャップを外します。
かぶらないときには、洗濯や陰干しをするなど、衛生的に保ちましょう。

キャップが薄毛の予防に役立つのは、夏場だけではありません。
冬場もキャップをかぶることで、寒さによる血行不良を防ぐ効果があります。
冬の寒さに頭皮がさらされると、血管が収縮してしまい、血流の流れが悪くなりがちです。
また、キャップをかぶることで、頭皮の乾燥を防ぐ効果も期待できます。

冬場のキャップはウールなど、保温性が高く、蒸れにくい素材のものを選び、室内では外すようにしましょう。